治験ってどういうものなの?

新しい「薬」を開発するためには、「薬の候補物質」について動物で効果や毒性を調べるだけでなく、人での効き目(有効性)や副作用(安全性)を確認する必要があります。
人での有効性や安全性について調べる試験を一般に「臨床試験」と呼んでいます。
また、厚生労働省から「薬」として承認を受けるために行う臨床試験のことを「治験」と呼んでいます。

わかりやすく言うと世の中に出る前の新しい薬を試してみて副作用などがないのかを確認する事です。基本的に厚生労働省が指導して行っていますので危険という事はまずないと言ってもいいでしょう。

治験には実施するためのルールがあり薬事法と厚生労働省が決めている医薬品の臨床試験の実施の基準と言うものがあります。その基準を満たした病院のみが治験をする事が出来ますので思っていた治験よりは安全だという事がわかります。

ですが万が一の時には保障などもしっかりありますし、治験を行う病院は十分な設備と専門の医師や看護婦がそろっている病院でしか実施できませんので治験者の安全は確保されています。

っとは言ってもやはり危険じゃないの?

そうは言ってもやはりまだ正式に認められた薬ではないので100%安全とは言い切れません。実際に軽い頭痛や吐き気などもたまに見られたと言う事もありますがほとんどないと言ってもいいでしょう。

なぜかと言いますと治験には種類があり段階別に分けられて行われています。第一段階の治験は高額、最終段階の世の中に出せるようなレベルの治験は安全性もほぼ確率されているようなものですので報酬は少なくなりますがより安全と言えるでしょう。

治験をしてみたいけどまだ不安が残っていると言う方は世の中に出る直前のものをしてみる方がいいです。

女性が出来る治験って何があるの?

先ほどの記事でも書きましたが治験には段階があります。女性も参加できる治験で高額な報酬がもらえる物もありますし、よく行われる治験は、

【ハンドソープモニター、美肌ドリンクモニター、ダイエットサプリモニター食物繊維摂取モニター、ヘアトリートメントモニター、アトピーのスキンケアモニター】

など美容関係の物もありますので一度どの様な物があるのか治験情報をチェックしてみるのもいいかもしれませんね。治験サイトとググると色々なサイトがありますが確実な物はやはり大手の信頼できるサイトに登録しておけば間違いはないでしょう。

大手サイトの
【JCVN治験ボランティア】

【株式会社ゼノグロシー】

【株式会社パシフィックグローブ】

がおすすめですね。

無料で登録できますのでまずは登録してどの様な治験があるのかチェックしてみてください。それとこの他のサイトで登録料や年会費等を請求してくるサイトには注意してください。治験は有償ボランティアですので登録料などが発生するサイトには注意してください。